サステナビリティ

非営利活動

オフィチーネ パネライは、長年にわたりイタリア国内外で社会的責任を果たすことを目指す自主的な活動を応援してきました。パネライはデ・マルキ財団やマジカ・クレム・オヌルス財団(イタリア)、レ・ゾンフォン・ドゥ・フランキー(フランス)、アクション・フォー・チルドレン(イギリス)、セイリング・ヒールズ(アメリカ)をはじめとする様々な団体とネットワークを築いてきました。

オフィチーネ パネライが主導する「キャプテン・フォー・ア・デイ」では、入院治療を受ける病気の子どもたちをヨットのアイリーン号に招待し、船上でセイリングレッスンをはじめ様々なアクティビティを開催します。

セイリング以外にも、エンターテインメント、実習授業や小旅行などを、これらの団体に属する患者の健康や福利を改善させることを目的とし、一貫性を保つ自主的な活動として推進しています。