サステナビリティ

企業倫理規定の要約

リシュモン グループは長年にわたり、「適切なコーポレートガバナンス(企業統治)」の原則に従って
事業の運営に取り組んできました。

リシュモン グループに所属する全企業は、事業活動の実施において極めて誠実な姿勢を貫いており、お客様や社員、サプライヤー、株主など関連するあらゆるパートナーを尊重し、
配慮を心がけています。

リシュモン グループの価値観は、同グループの企業倫理規定に記されており、その行動規範は 業務遂行基準(Standards of Business Conduct)に詳しく記載されています。
オフィチーネ パネライはこの規範を順守しています。