品質検査と保守

品質検査

検査

生産開始前に、試作品のストラップを用いて、耐久性と品質をチェックする一連の検査が行われます。
この検査には、牽引、ねじれ、摩擦、発汗、湿度、紫外線、耐水性、塩水、磨耗が含まれます。

牽引・ねじれ検査

引張抵抗検査は、ストラップが切れるまでストラップに対して徐々に張力を加えて行われます。ねじれ耐性検査は、ストラップにねじりを加えて剛性と柔軟性のバランスをチェックします。

摩擦検査

耐摩擦性検査は、連続的な擦りつけによりストラップの耐性と色褪せを測定するものです。

耐汗性検査

耐汗性検査は、2日間にわたり、汗の特性を再現した特定のpHの溶液にストラップを浸して行われます。

湿度検査

この検査は、高湿高温の環境をシミュレーションしてストラップの反応を測定するものです。

紫外線検査

ストラップは、試験室で30時間紫外線にさらされます。これは、夏の最も暑い時間帯の直射日光に6日間当てられた場合に相当します。また、ブティックの陳列ケースに置かれている状態を想定し、ライトを当てるテストも行われます。

耐水性検査

この検査では、吸水率と耐水性を記録します。水に浸けた後乾燥させ、また水に浸けるという作業が繰り返されます。

耐久性検査

耐久性検査は、時計を手首に着ける動作を繰り返してシミュレーションするもので、ストラップとバックルの両方の反応をチェックします。