Radiomir 1940 Minute Repeater Carillon Tourbillon GMT Oro Rosso - 49mm

PAM00600

Spotlight

技術特性

ムーブメント 手巻きメカニカル、パネライ自社製P.2005/MRキャリバー、径16¼リーニュ、厚さ10.35mm、59石、グリュシデュール®製テンプ、振動数28,800回/時、インカブロック®製耐震装置。パワーリザーブ4日間、2バレル。構成部品633個。

機能 時、分、スモールセコンド、GMT 12/24時間表示、裏側にパワーリザーブ表示、時・10分・分単位の現地時間とホームタイムのミニッツリピーター、トゥールビヨン

ケース 直径49mm、ポリッシュレッドゴールド

ケースバック サファイアクリスタルのシースルー

カバーガラス コランダム製サファイアクリスタル

防水機能 3気圧(30m)

ストラップ アリゲーター, ブラック, エクリュ, 26/22 MM スタンダード

* オフィチーネ パネライは、商標「ベルクロ®」、「コラミド®」の所有者ではありません。

* オフィチーネ パネライは、商標「ベルクロ®」、「コラミド®」の所有者ではありません。

詳細

オフィチーネ パネライは、新しい「ラジオミール 1940 ミニッツリピーター カリヨン トゥールビヨン GMT」の製造にあたって、1世紀以上に及ぶ海の世界との不変のつながりというオフィチーネ パネライの歴史、そして、船舶のベルによる時間の経過を知らせる海の伝統からインスピレーションを模索しました。この古き伝統は今日、再び、ヌーシャテルにあるパネライ オートオルロジュリー マニュファクチュールが手掛けた見事な新作であるスペシャルエディションのチャイムが奏でる特別な音色によって呼び覚まされました。 「ラジオミール 1940 ミニッツリピーター カリヨン トゥールビヨン GMT」のために、オフィチーネ パネライは新たにP.2005/MR マニュファクチュール ムーブメントを開発しました。独特な技術的特徴を持つ高性能ミニッツリピーター機構を備えた手巻きのスケルトン仕上げのキャリバーは、実用的な利点と簡単な操作をもたらす構造上の単純さを追求する革新的なブランド哲学に忠実なものです。 鐘の音は8時位置のプッシュピースで起動し、ムーブメントとケースに取り付けられた同数のゴングを打つ3つのハンマーで実行されます。従来の2つではなく、3つのハンマーを使うことで、3つの異なる音を組み合わせられることから、カリヨンはそのベルのようにメロディを奏でることができます。従来と同様に、最初のゴングは一番低い音で時間を示し、最後の一番高い音は個々の分を示します。特殊な機能としては、セコンドゴングが中間音の3つのチャイムを鳴らし、各3つのチャイムは、従来の15分ではなく、10分毎に合わせて鳴ります。 ミニッツリピーターによって伝えられる音質は、ケースの素材であるレッドゴールドの特異性、また、2つのパーツが個々に作られた後で結合されるという構成によって高められます。熟練の時計職人の手作業によって、各ウォッチの音がユニークなものとなり、それぞれが似ているようでわずかに違う音になっています。 オフィチーネ パネライのミニッツリピーター カリヨンの最も顕著な特徴は、リピーター機能が現地時間とセカンドタイムゾーンの両方で起動できるというところです。文字盤にあるセンターのアロー針と3時位置のカウンターにあるam/pm表示によって示されます。 ミニッツリピーター機構と同様に、手巻きのP.2005/MRキャリバーは、ヌーシャテル マニュファクチュールのLaboratorio di Ideeにおける4年の研究と開発の成果です。また、目覚ましいパネライ トゥールビヨン レギュレーターは、洗練されたスケルトン加工によって、時計の表側と裏側の両方から見ることができます。 洗練されたスケルトン加工はより良いアコースティックな性能を提供するのに役立つと共に、P.2005/MRキャリバーの洗練されたテクノロジーと魅力的なディテールを見ることができます。 このウォッチは、スペシャルエディションとして実現し、お客様のオーダーのみで作られます。オフィチーネ パネライはパーソナライズの可能性を期待されてきました。そこには、ストラップ、針、その他のスペシャル機能を選択することだけでなく、レッドゴールド以外の素材でケースを作る可能性も含まれています。 「ラジオミール 1940 ミニッツリピーター カリヨン トゥールビヨン GMT(PAM00600)」といった非常に複雑なモデルにとっても、不可欠となるパネライ ウォッチのもう1つの要素が防水性です。本ウォッチの場合は、3気圧(30メートルの深さに相当)まで保証されています。

メンテナンス

パネライ ウォッチは、高い品質基準に基づいて製造されています。時計を使用している状態では、機械部分は1日24時間動き続けます。時計の精度を保ち、末永くご愛用いただくため、定期的なメンテナンスをお受けになるようお勧めいたします。


防水性
時計の防水性は時の経過により自然に低下します。お手元のパネライウォッチの防水性を維持するため、パネライの正規サービスセンターにて定期的に防水検査 を行ってください。通常の使用の場合、2年ごとに定期点検をお勧めいたします。また、ケースを開けた場合は、必ず防水パッキンを交換してください。防水 パッキンの定期交換は、時計の安全性と防水機能を最良の状態に維持するために欠かせません。スポーツなどで水中で時計を使用する場合は、事前に点検を受け ることをお勧めします。

ムーブメント
ムーブメントの機能と精度を維持するために、パネライの正規アフターサービスセンターにて定期的に検査を行ってください。 時間に著しい誤差が見られる場合、ムーブメントの調整・修理を行う必要があります。ムーブメントは、最低-10℃から最高+60℃(14°Fから 140°F)までの温度に耐えるよう設計されています。この温度範囲を超えると、ムーブメントの仕様を上回る誤差が生じる可能性があります。さらに、ムー ブメント内部の潤滑剤が劣化し、構成部品の損傷を招く恐れがあります。

日常のお手入れ
お手元のパネライ ウォッチを最良のコンディションに保つため、温かい石けん水を浸した柔らかいブラシで汗や汚れを落としてください。汚れを落とし終えたら、清潔な水ですす いでください。海やプールで使用した場合は、塩分や砂を充分に洗い流し、柔らかい乾いた布でお手入れしてください。

ストラップ
パネライ ストラップは、温かい水で洗い、自然乾燥してください。高温になる場所や直射日光での乾燥は避けてください。水分が急激に蒸発すると、ストラップの形や品 質にダメージを与える可能性があります。また海やプールで使用した場合は、ストラップを清潔な水ですすいでください。 ストラップを交換する場合は、誤った操作による不具合を防ぐため、パネライの正規サービスセンターにご依頼ください。 パネライの正規サービスセンターでは、パネライの時計に合う正確なサイズ、ブランド基準に沿った品質のパネライ ストラップをご用意しております。

オフィチーネ パネライが使用しているアリゲーターレザーは、米国ルイジアナの農場産です。生産者は厳しい規格を遵守し、ルイジアナで絶滅に瀕している野生のアリゲー ターの安定した成育に貢献することを誓約しています。パネライは、絶滅の危機に瀕している、もしくはそれに近い野生種のレザーは使用しません。

ムーブメント

キャリバー P.2005/MR

手巻きのP.2005/MRキャリバーは、ミニッツリピーター機構と共に、ヌーシャテル マニュファクチュールのLaboratorio di Ideeにおける4年の研究と開発の成果です。 「ラジオミール 1940 ミニッツリピーター カリヨン トゥールビヨン GMT」は、洗練されたスケルトン加工によって、見事なパネライのトゥールビヨンを時計の表側と裏側の両方から見ることができます。 オフィチーネ パネライが特許を取っているシステムでは、トゥールビヨンの回転は従来のトゥールビヨンと違います。従来バージョンでは、テンプのケージ自身が継続的に回転し、重力が原因による変動が限定されます。革新的なパネライの機構では、トゥールビヨン ケージは、テンプに対して平行ではなく垂直の軸で回転します。 また、従来のトゥールビヨンは1分間で1回転していましたが、P.2005/MRでは、30秒で1回転となり、これは、9時位置のスモールセコンドカウンターの表示で見られます。回転速度が速くなり、機構の配置に特別な工夫が加えられたことで、あらゆる歩度の変化も効果的に補正することができ、それによって非常に正確な計時の精度を保っています。 ミニッツリピーターのハンマーと2つのスプリング・バレルは、少なくとも4日間パワーリザーブを保ち、オープンバックから見ることができます。また、ここからムーブメントに取り付けられたパワーリザーブ表示も読み取ることができます。

このムーブメントの詳細を見る