Radiomir 1940 Oro Rosso - 42mm

PAM00513

Spotlight

技術特性

ムーブメント 手巻きメカニカル、パネライ自社製P.999 キャリバー 、径12リーニュ、厚さ3.4mm、19石、グリュシデュール®製テンプ、振動数21,600回/時インカブロック®耐震機構スワンネック緩急針パワーリザーブ60時間構成部品154個

機能 時、分、スモールセコンド

ケース 直径42mm、18Kポリッシュレッドゴールド

ベゼル ポリッシュレッドゴールド

ケースバック サファイアクリスタルのシースルー

文字盤 ブラウンに夜光アラビア数字とアワーインデックス9時位置にスモールセコンド

カバーガラス コランダム製サファイアクリスタル

防水機能 10気圧(100m)

ストラップ アリゲーター, ダークブラウン, エクリュ, 22/20 MM スタンダード

* オフィチーネ パネライは、商標「ベルクロ®」、「コラミド®」の所有者ではありません。

* オフィチーネ パネライは、商標「ベルクロ®」、「コラミド®」の所有者ではありません。

詳細

1940年頃、フィレンツェのパネライ自社工房で、イタリア海軍特殊部隊からの需要の増加に対応するために新しいケースが開発されました。このケースは、現在「ラジオミール」として知られる、1936年のモデルから発展した製品でした。ラジオミールという名称は、暗闇での文字盤の視認性を高めるためにパネライが特許を取得した発光素材に由来します。この新製品には、より堅牢で耐久性に富む構造になるよう数々の改良が加えられました。 この新ケースのストラップ・アタッチメントは、これまでのように丈夫なスティールワイヤーの金具をケース側面にはんだ付けしたものではありませんでした。以前のデザインでは、潜水艇に乗船する特殊潜水部隊の隊員が過酷な環境で任務を遂行する際に、ストラップが外れてしまう危険がありました。一方、1940年モデルはラグとケースをひとつのスティールの塊から削り出す一体化構造となり、サイズと耐久性が大きく向上しました。ストラップ・アタッチメントと同様、ストラップの装着システムも変更され、より簡単にしっかりと着用できるようになりました。旧モデルではワイヤー製のストラップ・アタッチメントをレザーに縫い付ける必要がありましたが、新構造ではラグの小さな穴に小型のチューブ状のバーを取り付け、ストラップのループに固定する仕組みでした。この近代的な革新により、レザーストラップの交換も容易になりました。ストラップ・アタッチメントの改良のほか、この「ラジオミール」ケースには特徴的な変更が数点加えられました。こうした特色が「ルミノール」ケースの開発に継承され、数年後には市場に登場することとなりました。1940年の新製品ではクッション型の輪郭が若干控えめになり、リュウズがわずかに大きくなってトロコイド型からより円柱型に近い形状となりました。時計の厚さも約15mmから17mmに拡張されました。こうして、オフィチーネ パネライが現在もコレクションの新モデルに採用している「ラジオミール 1940」ケースが誕生したのです。現在はデザインは同じでより薄いかたちになっています。これらの後続モデルたちは、長い歴史に培われた重厚な風格と魅力を受け継いでいます。 「ラジオミール1940 オロロッソ」は直径42mmで、パネライ自社製 P.999 キャリバーを搭載しています。このキャリバーは、オフィチーネ パネライがヌーシャテルのマニュファクチュールで製造する多様なキャリバーの中でも最も小さく、最も薄い製品です。裏蓋のサファイアクリスタル製シースルーウィンドウから見えるP.999 ムーブメントは60時間のパワーリザーブを発揮し、振動数21,600回/時(3Hz)のテンプを備えています。ブラウンのアリゲーターストラップが付いた「ラジオミール 1940 オロロッソ」は、ヒストリック コレクションのタイムピースです。

素材

レッドゴールド

レッドゴールド は、金、銅、およびその他の金属からなる合金で、優れた特性とエレガントな色合いを有するため高級時計にふさわしい素材です。オフィチーネ パネライで用いられるレッドゴールドは、通常のレッドゴールドとは異なる特別な合金で、5Nptと呼ばれています。

パネライが採用する5Nptは、通常よりも銅を多く含むため、エレガントで洗練された深い赤色を呈します。さらにプラチナを混ぜることで酸化に対する耐性 を高めています。 また、5Nptには通常のピンクゴールドやイエローゴールドよりも機械的な耐久性に優れているという重要な特性があり、最高級のパネライウォッチにふさわ しい素材です。

メンテナンス

パネライ ウォッチは、高い品質基準に基づいて製造されています。時計を使用している状態では、機械部分は1日24時間動き続けます。時計の精度を保ち、末永くご愛用いただくため、定期的なメンテナンスをお受けになるようお勧めいたします。


防水性
時計の防水性は時の経過により自然に低下します。お手元のパネライウォッチの防水性を維持するため、パネライの正規サービスセンターにて定期的に防水検査 を行ってください。通常の使用の場合、2年ごとに定期点検をお勧めいたします。また、ケースを開けた場合は、必ず防水パッキンを交換してください。防水 パッキンの定期交換は、時計の安全性と防水機能を最良の状態に維持するために欠かせません。スポーツなどで水中で時計を使用する場合は、事前に点検を受け ることをお勧めします。

ムーブメント
ムーブメントの機能と精度を維持するために、パネライの正規アフターサービスセンターにて定期的に検査を行ってください。 時間に著しい誤差が見られる場合、ムーブメントの調整・修理を行う必要があります。ムーブメントは、最低-10℃から最高+60℃(14°Fから 140°F)までの温度に耐えるよう設計されています。この温度範囲を超えると、ムーブメントの仕様を上回る誤差が生じる可能性があります。さらに、ムー ブメント内部の潤滑剤が劣化し、構成部品の損傷を招く恐れがあります。

日常のお手入れ
お手元のパネライ ウォッチを最良のコンディションに保つため、温かい石けん水を浸した柔らかいブラシで汗や汚れを落としてください。汚れを落とし終えたら、清潔な水ですす いでください。海やプールで使用した場合は、塩分や砂を充分に洗い流し、柔らかい乾いた布でお手入れしてください。

ストラップ
パネライ ストラップは、温かい水で洗い、自然乾燥してください。高温になる場所や直射日光での乾燥は避けてください。水分が急激に蒸発すると、ストラップの形や品 質にダメージを与える可能性があります。また海やプールで使用した場合は、ストラップを清潔な水ですすいでください。 ストラップを交換する場合は、誤った操作による不具合を防ぐため、パネライの正規サービスセンターにご依頼ください。 パネライの正規サービスセンターでは、パネライの時計に合う正確なサイズ、ブランド基準に沿った品質のパネライ ストラップをご用意しております。

オフィチーネ パネライが使用しているアリゲーターレザーは、米国ルイジアナの農場産です。生産者は厳しい規格を遵守し、ルイジアナで絶滅に瀕している野生のアリゲー ターの安定した成育に貢献することを誓約しています。パネライは、絶滅の危機に瀕している、もしくはそれに近い野生種のレザーは使用しません。

ムーブメント

キャリバー P.999

P.999 キャリバー は、信頼性、耐久性、精確性を兼ね備えたメカニカルムーブメントで、幅広のブリッジを有する特別な構造を備えています。これは、オフィチーネ パネライ自社製キャリバーに共通する特徴でもあります。 直径12リーニュ(27.4mm)、厚さ3.4mmのP.999 キャリバーは、他のオフィチーネ パネライのキャリバーより小型で、従来のパネライ ウォッチよりも小型のモデルに最適なムーブメントです。 154個の部品と19石により構成され、9時位置にスモールセコンドを配置し、バレル1つで60時間のパワーリザーブを確保します。テンプの振動数は21,600回/時(3Hz)です。調整ネジ付きテンプはインカブロック®耐震装置によって保護され、ピンクゴールドおよびレッドゴールドモデルのムーブメントでは、緩急針スワンネックが採用されています。

このムーブメントの詳細を見る