P.9003
P.9003

特徴

2014年、オフィチーネ パネライは、新しいムーブメントP.9003を導入しました。これはスイス ヌーシャテルの自社工房で開発および製造されたものです。文字盤のエッジに沿って第二時間帯が表示された24時間方式のGMT機能を特徴とした自社製自動巻きムーブメントです。GMT(グリニッジ標準時)システムは、経度15°相当で地球を24のタイムゾーンに分類します。グリニッジ子午線、経度0°の子午線は、1883年に行われたローマ国際会議以降、各地の時間帯の基準として使用され、船乗りにとっては常に重要なものでした。グリニッジ標準時が海上における経度計算の基準となり、これにより船の正確な位置を把握することができるからです。 直径13¾リーニュ、厚さ7.9mm、28石で構成部品233個、テンプの振動数は4Hzすなわち28,800回/時です。ゼロリセット機能を搭載し、時刻を時報と完全に一致させることができます。連結した2つのバレルで、3日間のパワーリザーブを確保します。ルミノール 1950のケースは、このムーブメントのために特別に製作され、オリジナルのプロポーションを保ちつつ、より湾曲が滑らかなサファイアクリスタルを使用しています。

このムーブメントを搭載したモデル