P.9100/R
P.9100/R

特徴

オフィチーネ パネライは長年にわたり、クラシックおよびヴィンテージヨットの最も主要な国際ラウンドレースであるパネライ クラシック ヨット チャレンジの促進に努めてきました。パネライが同大会のために捧げてきたレガッタシリーズは、コレクターに熱狂的に崇拝されるアイテムです。クラシックヨットの世界との特別な結びつきを祝して製作されたP.9100/R キャリバーは、レースのスタート時に使用するレガッタ カウントダウン機能という、航海のための専用機能を備えた初のパネライ・ムーブメントです。 P.9100/R キャリバーは、クロノグラフ機能を備えたP.9100オートマティック・キャリバーをベースにしています。垂直クラッチとコラムホイールを備えたフライバッククロノグラフなど、基本構造や直径(13¾リーニュ)は同じですが、厚さは9.55mmとP.9100よりやや厚めで、レガッタ・カウントダウン機能の追加により構成部品は26個多い328個となっています。スタートまでのカウントダウンは2本の中央針で表示され、4時位置のボタンで操作します。ボタンを押す度に分針が1分ずつ逆進し、カウントダウンに必要な位置まで戻ります。この状態で10時位置のボタンを押すと、2本のクロノグラフ針が動き、スタートまでの残り時間を分と秒で示します。カウントダウン終了後も針は計測を続け、クロノグラフを停止するまでレースの経過時間を表示します。カウントダウン機能の分針の逆進を可能にするのは、クロノグラフ全体を制御するコラムホイールです。コラムホイールはP.9100 キャリバーで使用するものより高さがあり、追加プレートの高位置に取り付けられた調整レバーと噛み合う仕組みになっています。

このムーブメントを搭載したモデル