特徴

P.2005/G キャリバーの最大の特徴は、パネライが完成させた画期的な調速機構にあります。トゥールビヨンのケージが、テンプの回転軸に対して垂直方向に、1分間に2回ずつ回転するのです。この回転速度によって、重力の影響による誤差をさらに厳密に補正し、より精確な計時が確保されます(特許登録)。 時計製造技術の最高峰の機能であるラストロノモ トゥールビヨンの複雑なムーブメントは、時計の裏側および文字盤の9時位置のスモールセコンドにある小さな円形のインジケーターからも認識することができます。このインジケーターは、トゥールビヨンのケージに連結し、ケージと連動、すなわち1分間に2回の割合で回転します。

このムーブメントを搭載したモデル