1. Home
  2. スペシャル エディション
  3. 2011
  4. PAM00373 - Radiomir 3 Days Platino - 47mm

Radiomir 3 Days Platino - 47mm

PAM00373

画像は参考写真であり、色やサイズは実際の商品と正確に一致しない場合がございます。

ラジオミール、パネライが制作した最初の時計

「ラジオミール」は、オフィチーネ パネライがイタリア海軍の要請を受け、1936年に初めて試作品としてデザインした「特殊な夜行性を備えたダイバーズ ウォッチ」です。

最寄りのブティックにご来店ください

オフィチーネ パネライは、フィレンツェのブランドのコレクションをすべてのパネライ愛好家の皆様にご覧いただけるよう、他にはない独自のブティックを世界規模で展開しています。

追加情報についてはコンシェルジュにお問い合わせください。
追加情報についてはコンシェルジュにお問い合わせください。

技術特性

限定 300 単位

ムーブメント

手巻きメカニカル、パネライ完全自社製 P.3000キャリバー、径 16½リーニュ、厚さ5.3mm、21石、グリュシデュール®製テンプ、振動数21,600回/時、インカブロック®製耐震装置、パワーリザーブ3日間、2重香箱、構成部品160個

機能

時、分、

ケース

直径47 mm、プレキシグラス®プラチナ、取り外し可能なワイヤーループ式ストラップ・アタッチメント(パネライ特許)

ベゼル

プラチナ

ケースバック

サファイアクリスタルのシースルー

文字盤

ブラウンに夜光ドットアワーインデックス

防水機能

"10気圧(100m)"

ストラップ

エクリュ 27/22.0 スタンダード

*

S .L .C .ミステリアス ダイアル。

"オフィチーネ パネライの歴史の中でも、非常に希少でミステリアスなラジオミールモデルがあります。1930年 代後半に製作され、僅か2つの例だけが知られているもの です。パネライはこのミステリアスな文字盤を S.L.Cと名付けました。 この文字盤は、容易に オリジナル版を再現することはできません。この時計の 現存する2例 ― そのうち1つには秒針がありました ―はおそらく試作品であり、実際の生産には至らなかったようです。 "

パネライ 950 プラチナ

オフィチーネ パネライでは、950 プラチナ(Pt950 Ru、95% ピュアプラチナ) を使用しています。その比重は24Kゴールドよりも11%重くなっています。延性、可鍛性、耐食性を備えたプラチナの制作には、長期間におよぶ複雑な作業プロセスを必要とします。

キャリバー P.3000

キャリバー P.3000

パネライ マニュファクチュールで一貫生産された P.3000 キャリバーは、構造、堅牢性、精度、およびパワーリザーブの面でパネライ ムーブメントの主な特徴を備えています。パネライのヒストリックモデルに使用されていたムーブメントを元に開発していることから、径16½リーニュと大きいサイズです。 その構造は3/4プレートムーブメントを彷彿とさせ、ひと目ですぐに判別できます。大小のブリッジが大半を覆い、分厚いネジで底板に固定され、堅牢な構造を実現しています。このムーブメントは、21石と連結された2つのバレルで構成されています。この構造により長くて薄いゼンマイの使用を可能にし、より均一な力の伝達を確保するとともに、3日間の長いパワーリザーブを実現します。 テンプは直径13.2mmと非常に大きく、可変慣性タイプで、4本の調整ネジがリングの外周に配されているため、全体を分解することなく歩度を調整できます。2点で固定されたブリッジは、1点留めのシングルブリッジに比べてより安全かつ安定し、テンプは3ヘルツ、つまり21,600回/時で振動します。インカブロック®耐震装置を装備し、フリースプラング方式のため緩急針はありません。サテン仕上げのブリッジは、エッジ部分が面取りを施したなめらかなポリッシュ仕上げになっています。P.3000キャリバーは、時間をすばやく調整するための機能も備わりました。12個の歯車と小さなスプリングクラッチにより、分針の動きや時計の動作を妨げることなく時針を1時間単位で動かすことが可能です。

キャリバーを見る

時計のメンテナンス

パネライウォッチは、きわめて高い品質基準に基づいて製造されています。時計を使用している状態では、機械部分は1日24時間動き続けます。時計の精度を保ち、末永くご愛用いただくため、定期的なメンテナンスをお勧めします。