1. Home
  2. ウォッチコレクション
  3. Radiomir 1940
  4. PAM00572 - Radiomir 1940 3 Days Automatic Acciaio - 45mm

Radiomir 1940 3 Days Automatic Acciaio - 45mm

PAM00572

画像は参考写真であり、色やサイズは実際の商品と正確に一致しない場合がございます。

ラジオミール 1940 モダンなデザイン、時を超えるエレガンス

1940年頃、フィレンツェのパネライ自社工房で、イタリア海軍特殊部隊からの需要の増加に対応するために新しいケースが開発されました。 オフィチーネ パネライでは、現在、長い歴史に培われた重厚な風格と魅力を受け継いだ、現代的なコレクションをご提供しています。

技術特性

ムーブメント

自動巻きメカニカル、パネライ自社製P.4000キャリバー、径13¾リーニュ、厚さ3.95mm、31石、グリュシデュール®製テンプ、振動数28,800回/時。キフパレショック®耐震機構、パワーリザーブ3日間、2バレル。構成部品203個。オフセンターローター

機能

時、分、スモールセコンド

ケース

直径45mm、AISI 316L ポリッシュスティール

ベゼル

ポリッシュスティール

ケースバック

サファイアクリスタルのシースルー

文字盤

ブラックに夜光アラビア数字とアワーインデックス9時位置にスモールセコンド

防水機能

"10気圧(100m)"

ストラップ

ベージュ 24/22.0 スタンダード

*

ラジオミール 1940、時を超える偉大さ。

"「ラジオミール 1940」は、最初の「ラジオミール」モデルを進化させたもので、大幅な改良が施されました。イタリア海軍からの厳しい要求に応えるため、極限の条件にも耐えられるよう、時計はさらに強化されました。 まず、ケースの厚みを増し、ラグをケース本体と同じスティール塊から直接成型する方式になりました。 これにより、従来のワイヤーストラップ式アタッチメントから、頑丈な一体型構造へと変わりました。 "

AISI 316L ステンレススティール

AISI 316L 1.4435ステンレススティールは、耐食性に優れ、金属アレルギーにも配慮した肌にやさしい、卓越したオフィチーネ パネライの素材です。イタリア海軍のために開発したパネライの時計には、堅牢で信頼性の高いオーステナイト系ステンレススティールを使用し、特殊潜水部隊の過酷な環境での任務に耐える性能を誇ります。

キャリバー P.4000

キャリバー P.4000

Officine Panerai presents the P.4000 calibre, the first automatic movement with an off-centre micro-rotor completely developed and made in the Panerai Manufacture at Neuchâtel. This design means that the rotor is mounted off-centre and is therefore smaller in diameter than the calibre itself: a sophisticated technical solution enabling the thickness of the movement to be substantially reduced. The small oscillating weight is inserted within the movement rather than superimposed upon it and the result is a calibre which preserves all the Panerai characteristics of accuracy, reliability and solidity but with a thickness of only 3.95 mm. With a diameter of 13¾ lignes (31 mm), the new calibre has a large bridge which is flanked by the small oscillating weight winding in both directions and the balance cock. The latter has twin supports, more secure and stronger than the customary overhanging balance cock with a single support. The supports have two screws for adjusting the vertical play of the balance staff. The balance wheel oscillates at 28,800 alternations per hour (equivalent to a frequency of 4 Hz). It is a balance wheel with variable inertia, that is, with screws enabling the rate to be adjusted precisely without altering the relationship of the balance spring and the bridge. Fitted with 31 jewels, the movement has a power reserve of at least three days, as a result of having two spring barrels connected in series. It is also fitted with the device which stops the balance wheel when the winding crown is pulled out, for synchronising the watch exactly. The P.4000 calibre is produced in two versions which differ in the kind of finish, the engraving and the material of the micro-rotor. The first, for models with a steel case, has bridges with a horizontally brushed finish, blue engraving and an oscillating weight of tungsten alloy, with relief decoration on the matt surface. The second version is for the models with a gold case and it has bridges with a circular brushed finish, gilded engraving and a rotor of 22 carat gold, with clous de Paris hobnail finish and polished decorations in relief on the brushed surface.

キャリバーを見る

時計のメンテナンス

パネライウォッチは、きわめて高い品質基準に基づいて製造されています。時計を使用している状態では、機械部分は1日24時間動き続けます。時計の精度を保ち、末永くご愛用いただくため、定期的なメンテナンスをお勧めします。