1. Home
  2. ウォッチコレクション
  3. Radiomir 1940
  4. PAM00577 - Radiomir 1940 3 Days Ceramica - 48mm

Radiomir 1940 3 Days Ceramica - 48mm

PAM00577

画像は参考写真であり、色やサイズは実際の商品と正確に一致しない場合がございます。

ラジオミール 1940 モダンなデザイン、時を超えるエレガンス

1940年頃、フィレンツェのパネライ自社工房で、イタリア海軍特殊部隊からの需要の増加に対応するために新しいケースが開発されました。 オフィチーネ パネライでは、現在、長い歴史に培われた重厚な風格と魅力を受け継いだ、現代的なコレクションをご提供しています。

技術特性

ムーブメント

手巻きメカニカル、パネライ完全自社製 P.3000キャリバー、径 16½リーニュ、厚さ5.3mm、21石、グリュシデュール®製テンプ、振動数21,600回/時、インカブロック®製耐震装置、パワーリザーブ3日間、2重香箱、構成部品160個

機能

時、分、

ケース

直径48mm、マットブラック セラミック

ベゼル

マットブラック セラミック

ケースバック

スモークサファイアクリスタルのシースルー

文字盤

ブラックに夜光アワーインデックス。

防水機能

"10気圧(100m)"

ストラップ

ベージュ 26/22.0 スタンダード

*

ラジオミール 1940、時を超える偉大さ。

"「ラジオミール 1940」は、最初の「ラジオミール」モデルを進化させたもので、大幅な改良が施されました。イタリア海軍からの厳しい要求に応えるため、極限の条件にも耐えられるよう、時計はさらに強化されました。 まず、ケースの厚みを増し、ラグをケース本体と同じスティール塊から直接成型する方式になりました。 これにより、従来のワイヤーストラップ式アタッチメントから、頑丈な一体型構造へと変わりました。 "

ハイテク セラミック

"ラジオミールのケースに使用されているセラミックは、3%の結合剤と顔料を含む酸化ジルコニウムの粉末(ZrO2)で構成されています。 このハイテク セラミックには、非常に高い硬度、長期に渡る防水性および腐食耐性などの多くの利点があります。"

キャリバー P.3000

キャリバー P.3000

パネライ マニュファクチュールで一貫生産された P.3000 キャリバーは、構造、堅牢性、精度、およびパワーリザーブの面でパネライ ムーブメントの主な特徴を備えています。パネライのヒストリックモデルに使用されていたムーブメントを元に開発していることから、径16½リーニュと大きいサイズです。 その構造は3/4プレートムーブメントを彷彿とさせ、ひと目ですぐに判別できます。大小のブリッジが大半を覆い、分厚いネジで底板に固定され、堅牢な構造を実現しています。このムーブメントは、21石と連結された2つのバレルで構成されています。この構造により長くて薄いゼンマイの使用を可能にし、より均一な力の伝達を確保するとともに、3日間の長いパワーリザーブを実現します。 テンプは直径13.2mmと非常に大きく、可変慣性タイプで、4本の調整ネジがリングの外周に配されているため、全体を分解することなく歩度を調整できます。2点で固定されたブリッジは、1点留めのシングルブリッジに比べてより安全かつ安定し、テンプは3ヘルツ、つまり21,600回/時で振動します。インカブロック®耐震装置を装備し、フリースプラング方式のため緩急針はありません。サテン仕上げのブリッジは、エッジ部分が面取りを施したなめらかなポリッシュ仕上げになっています。P.3000キャリバーは、時間をすばやく調整するための機能も備わりました。12個の歯車と小さなスプリングクラッチにより、分針の動きや時計の動作を妨げることなく時針を1時間単位で動かすことが可能です。

キャリバーを見る

時計のメンテナンス

パネライウォッチは、きわめて高い品質基準に基づいて製造されています。時計を使用している状態では、機械部分は1日24時間動き続けます。時計の精度を保ち、末永くご愛用いただくため、定期的なメンテナンスをお勧めします。