1. Home
  2. Eilean

EILEAN号が6月17日からロンドンに登場

場所:

セント・キャサリン・ドック

ST KATHARINE'S & WAPPING,

LONDON E1W 1LA
道順 >

日時:

6月17日:18:00から20:00まで

6月18日:9:00から12:00まで/18:00から20:00まで

6月19日:18:00から20:00まで

6月21日:8:00から12:00まで

6月23日:8:00から12:00まで

6月25日:8:00から12:00まで

6月26日:8:00から12:00まで/14:00から15:00まで

6月28日:14:00から20:00まで


訪問のご予約はキャプテンへ: eilean@eilean.eu

別のブレスレットでスタイルを一新

パネライ NATO ブレスレットは、ブルー&ブラックのストライプが入ったこれまでにはないカラフルな表情を見せる3モデルで展開します。



パネライ ブティック ロンドンでぜひご覧ください

LONDON, 30 NEW BOND STREET - LONDON, UNITED KINGDOM 
電話:+44(0)2030577080

 

詳細

歴史

EILEAN号の設計図には、ヨット史上最も伝説的な船舶設計士であるウィリアム・ファイフ三世の署名が入っています。EILEAN号の購入者であり最初のオーナーは、ロイヤル ガロック ヨットクラブのメンバーであるグリーノック在住のジェームズ・V・フルトンとロバート・W・フルトンの兄弟でした。彼らは2人とも木製ボートの建造に使用する鉄の製造と加工に従事していました。また、彼らはこのヨットに乗ってスコットランド西岸を旅しました。ファイフ造船所の名前は、未だに「魔法のような」優れた品質と結びついています。それは、卓越性とエレガンスを兼ね備えた設計と傑出したクラフツマンシップから生じるものです。

時と海

優れた船乗りにとって、航海とは辿るべき道がわかっていることを意味します。それには風向きや航行の座標を把握しているだけでは十分ではありません。時もまた、海上での船の位置を特定するのに欠かせない要素なのです。「誰にとっても、海は決して変化しない。その作用は謎に包まれている」とジョセフ・コンラッドは書いています。その神秘性によって、古代から人々は海を愛し、恐れ、敬意を払い、時には挑戦してきたのです。

EILEAN号の復活を記念して、オフィチーネ パネライでは独自の航海用計器を制作しました。これらの気圧計、湿度計、温度計、ウォールクロックはすべてステンレススティール製で、EILEAN号のロゴが入れられています。 また、限定エディションのマリンクロノメーターも制作しました。これには、ヨットの縦揺れや横揺れにかかわらず、いつでも時計を水平に保つサスペンションシステムが採用されています。