1. ホーム
  2. パネライのアンバサダー
  3. Guillaume Néry
  4. French Polynesia

フランス領ポリネシアでギヨーム・ネリーとダイビング

ギヨーム・ネリーは、深さへの新たな挑戦とスポーツに専念できる生活を探し求めて、ポリネシアの青い海が魅力的なモーレア島につい最近転居しました。 

 

夜明けとともにダイビングに出掛けることができるよう、彼は現在ビーチにある家に住んでいます。そこからはダイビングに出掛け、すぐにサンゴ礁まで到達することができます。サンゴ礁では、ポリネシアの海底に生息する熱帯の生物が彼の周りに頻繁に集まってきます。 

閉じる

不屈の精神

プロ仕様の器具を使わずに到達した人がほとんどいない深海にネリーが潜ることができるのは、彼の情熱、精神力、そして自らの能力に対する自信によるものです。彼が目にする自然の姿は、まるで超現実の世界のようです。2014年、深海潜水への情熱に背中を押されたポリネシアの人々が、ネリーが撮影した映画『Ocean Gravity(海の重力)』を通じて、ランギロアの深海の世界を目の当たりにしました。その映画の中で、彼はまるで無重力状態で走っているかのようでした。

息止め

ネリーは日々、過酷なハードトレーニングを行っており、息止め、水泳だけでなく、クロスフィット、パドリング、ランニングも継続的に練習しています。彼がプロとして競争の世界への復帰を決意するとすれば、身体の状態を最高レベルに維持できるよう準備する必要があります。ネリーのライフスタイルは、厳しい自然に向き合う身体へのチャレンジです。彼にとって、フリーダイビングの練習は、一般的なスポーツの枠を超えています。

「フリーフォールは素晴らしい。まさに自由になれるのですから。まるで水中を飛んでいるような気分になれます。」- ギヨーム・ネリー

ギヨーム・ネリーとパネライ

パネライとネリーのコラボレーションは、彼らに共通する特徴があるという強いつながりから誕生しました。それは、海への情熱と恐れを知らない強い個性です。イタリアのブランド、パネライのアンバサダーであることを誇りに思うネリーは、「パネライは私の世界を表しています。パネライは海と強いつながりを持っており、私の探求心は海の素晴らしさを見い出すことなので、このチームに参加できたことはとても光栄です。」と語ります。

サブマーシブル クロノ - ギヨーム・ネリー エディション

パネライは、水上、水中に関係なく、いかなる課題にも立ち向かうことができる新しいプロフェッショナルダイバーズウォッチを発表します。堅牢で可聴式かつ極めて耐久性に優れたこの新しいクロノグラフは、数々の記録と驚異のダイバーとしてのイメージで世界的に有名なフランス人で、フリーダイビングの世界チャンピオンであるギヨーム・ネリーからインスピレーションを得ています。