1. ホーム
  2. パネライのアンバサダー
  3. Mike Horn
  4. Pangaea

パンゲア

“パンゲア – 大陸が分離する前の2億5000万年前の古代ギリシャ語で世界を意味し、かつてはその超大陸に人類が居住していました。”マイク・ホーンの夢は、世界を純粋な自然のままの、すべての生物にとって安全な陸地であった「当初の」状態に戻すというムーブメントを巻き起こし、そこに向かって挑戦することです。

探索。学習。行動

探索。学習。行動

南米の命名に意味があるホーン岬を起点として、マイク・ホーンは、北極と南極を経由しすべての海を渡りあらゆる大陸を横断して4年間かけて世界一周航海を行うという、自身にとって過去最大のプロジェクトを開始する予定です。

 

このプロジェクトは、マイクにとっての数多くのさまざまな課題を取り込むだけではなく、教育と環境に役立つプロジェクトを現代の若者に届けるものでもあります。

 

「私は世界に対し、私と一緒になって、我々の地球とその資源のクリーンアップと保護に積極的に参加し始めて欲しいと望んでいます。」-マイク・ホーン

探索

探索

世界には、まだ発見されていないままお宝物が無数にあります。マイク・ホーンは、世界中のほかの人たちにも、そのような宝物を披露したいと考えています。一つひとつの宝物は、空気、氷、砂漠、ジャングル、海、川、山など、惑星の天然資源のひとつであることを示します。

 

2008年9月、南米の最南端地点であるホーン岬からスタートしたマイクは今後、世界中を巡りながら、

比較的人に知られていない地域を探索する予定です。

 

彼は、地球のリソースの美しさを発見し、

自分の体験を世界中のほかの人たちに伝えようと考えています。

 

北極と大陸の広大な土地の移動手段は、徒歩、スキー、水泳、カヤック、セーリング、サイクリング、

そのほか現地で人間を乗せる動物などを予定しています。

学習

学習

世界中のこの4年にわたる世界中に遠征することを通し、将来の世代のために地球の宝物を大切に守るという構想のもと、若者に向けた教育と環境に役立つプロジェクトが考案されています。

 

この遠征全体にわたるさまざまな段階で、世界中の各大陸から若者が集団でマイクを訪ね、

10~14日間を彼と共に過ごす予定です。

その若者たちはマイク・ホーンと共に地球のまざまな地域を探索し、

それぞれの地域の美しさを発見し、

そこに生息する動植物、文化、居住者について学びます。

 

ワシントン大学などから専門家の方々に協力を仰ぎながら、

若者たちには、研究プロジェクトに参加し、生態系を研究し、現代の世界を取り巻く重要な環境問題を学び、

環境を保護する方法を見いだし、さらに最も重要なこととして、

地球と地球の宝物を大切に守るための試みとなるさまざまなクリーンアッププロジェクトに参加してもらいます。

それはまさに言葉が行動に変わる瞬間です…

行動

行動

マイク・ホーンが世界を巡るコースは、環境プロジェクトが立ち上がる軌跡となっていきます。

これらのプロジェクトのねらいは、地球と地球の宝物を今現在破壊している

人類の足跡の影響を取り除くことにあります。

 

ウォータープロジェクト-水質改善、海洋・海岸線・水源の清掃、ウォーターフィルタリングなど。

 

生物多様性プロジェクト - 珊瑚礁や森林などの生態系の保全と再設置。

 

ソーシャルコミュニティプロジェクト - 村への水の運搬の補助、公衆衛生や予防措置の改善の取り組み、

マラリア防止のための蚊帳・薬剤・食料・衣類の配布など。

若者

若者

6大陸から144人の若者たちが集まり、

比較的アクセスしやすく彼らへの有害性や危険がない地域にマイクが滞在中に、その土地でマイクに参加できる人たちから厳選されました。

 

そのうえで、彼らの肉体的・心理的な適性と、ほかの人たちと協力する能力、

集団になじむ能力、チームでリーダーシップを発揮する能力などを評価しました。

1週間かけて慎重に評価を実施後、4年間のパンゲアプロジェクトの特定の段階でマイクに会える若者として、20名の中から12名が選ばれました。

 

探索 - 学習 – 行動をテーマに掲げ、この若者たちは、地球の美しさを発見し、各地域の動植物や文化、また伝統について学ぶ機会を得ました。彼らは地球という星を生きるためのよりよい場所にするための工夫をしながら、自然とそれを構成するものの重要性を見いだし、地球の重大な問題を学び、天然の生物の生息地を再設置し、重要なさまざまなクリーンアッププロジェクトに参加しました

「誰もが参加できる地球のクリーンアップを開始しましょう!」

-マイク・ホーン

次の章:

アークトス

POLE 2 POLE

COMING SOON