1. ホーム
  2. 歴史

history of panerai

Giovanni Panerai opens his watchmaker's shop on Ponte alle Grazie in Florence: serving not only as a shop and workshop but also as the city's first watchmaking school, Officine Panerai's history begins here.

THE ORIGINS

1860 - 1936

オフィチーネ パネライの時計工房の開設 オフィチーネ パネライの時計工房の開設 オフィチーネ パネライの時計工房の開設

Le Origini - 1860

オフィチーネ パネライの時計工房の開設

 

ジョバンニ・パネライがフィレンツェのアッレ・グラツィエ橋付近に時計店を構える。この店は時計店と時計工房を兼ねているだけでなく、フィレンツェ初の時計学校でもあり、オフィチーネ パネライの歴史はここから始まる。 後に現在の店舗があるサン・ジョバンニ広場の大司教宮殿内に移転し、20世紀初頭に「Orologeria Svizzera(スイス時計店)」に店名を変更。

オフィチーネ パネライがラジオミールに関する特許を出願 オフィチーネ パネライがラジオミールに関する特許を出願 オフィチーネ パネライがラジオミールに関する特許を出願

LE ORIGINI - 1916

オフィチーネ パネライがラジオミールに関する特許を出願

イタリア海軍に高度な精密機器を納入してきたオフィチーネ パネライは、さらなる要望に応えるため、計器や装置の文字盤を発光させるためのラジウムベースの粉末、ラジオミールを開発。「ラジオミール」という名称は、1916年3月23日にフランスで出願された特許の補足文書に記載されている。このラジウムベースの塗料は、その高い視認性と水中における優れた接着性によって、オフィチーネ パネライ製品の重要な要素となる。 このラジオミールに関する特許は、パネライの長きにわたる技術革新の歴史を彩る多くの特許の最初の一石となる。

ラジオミールの試作品 ラジオミールの試作品 ラジオミールの試作品

LE ORIGINI - 1936

ラジオミールの試作品

第二次世界大戦勃発を目前にして、パネライは、イタリア海軍の第1潜水隊特殊部隊工作員のために、現在「ラジオミール」として知られているモデルの初の試作品を製作。 この試作品には、大型のスティール製クッション型ケース(47mm)、夜光数字とマーカー、ケースに溶接されたワイヤーループ式アタッチメント、機械式手巻きムーブメント、潜水服の上から着用できる長い防水ストラップといった特徴があり、現在のラジオミールはそれらの特徴の多くを受け継いでいる。 海軍の過去の記録には、1936年に10点の試作品が作られたことが記載されている。

ラジオミール:常に進化し続けるモデル ラジオミール:常に進化し続けるモデル ラジオミール:常に進化し続けるモデル

PANERAI PER LA MARINA - 1938

ラジオミール:常に進化し続けるモデル

1936年に試作品が作られた2年後、その特徴を備えた実際の「ラジオミール」モデルの製作が始まる。 オフィチーネ パネライは、試作品の機能を実際に組み入れるため、若干の変更を加えて新しい「ラジオミール」モデルの製作を開始。このモデルでは、プレートが重なり合った二重構造の文字盤を採用し、ラジウムベースの夜光塗料の視認性を高めるために上側のプレートではマーカーと数字をカットアウト。また、両端を曲げてケース胴部に溶接した金属製バーを備えたワイヤーループ式アタッチメントにより耐久性がさらに向上した。そして、文字盤の数字に関して水中での視認性を高めるための改善を行い、4つの大きなアラビア数字とマーカー、時針と分針のみを備え、スモールセコンド針は配さなかった。

「ラジオミール 1940」のケース 「ラジオミール 1940」のケース 「ラジオミール 1940」のケース

PANERAI PER LA MARINA - 1940

「ラジオミール 1940」のケース

海軍の要求はさらに強くなり、長時間の過酷な条件下でも水中で使用できる時計が必要となった。また、圧力や張力に強いことも求められた。こうした海軍のニーズを満たすようにアタッチメントを強化し、水中で優れた耐性を発揮できるようケースとアタッチメントを同じスティールの塊から製作することとなった。今日「ラジオミール 1940」の名を冠したモデルの一部では、クッション型ケースとラグがケースと一体化し、各部分の形がリニューアルされ、円錐形からシリンダー型のリュウズが採用されている。2012年国際高級時計展に出展された「ラジオミール 1940」スペシャルエディションは、これらの特徴からインスピレーションを得ている。

マーレ ノストゥルム マーレ ノストゥルム マーレ ノストゥルム

PANERAI PER LA MARINA - 1943

マーレ ノストゥルム

甲板部士官のために特別に設計した2カウンター クロノグラフ「マーレ ノストゥルム」の試作品を発表。この時計は2~3本しか製作されなかったと考えられており、現存するのは何枚かの写真と2005年に発見された1点だけである。 1940年代初めには、ブランドの時計デザインの根幹をなす特徴の一つであるリュウズプロテクター、すなわちケースに水が入るのを防ぐとともに巻上げによる負荷からリュウズの防水性を保護するスティール製の半円形の機構についての研究と構想が始まった。

ラジオミールに代わってルミノールが誕生 ラジオミールに代わってルミノールが誕生 ラジオミールに代わってルミノールが誕生

PANERAI PER LA MARINA - 1949

ラジオミールに代わってルミノールが誕生

ラジウムベースの塗料に代わって新しい蛍光物質、ルミノールが登場。 これはトリチウム(水素アイソトープ)を原料にした化合物で、1949年1月11日に「ルミノール」という商標で特許が出願されている。 「ラジオミール」ウォッチに続いて歴史に残るもう一つのモデル、「ルミノール」の名は、この新たに特許を取得した物質の名前からインスピレーションを得ている。

「ルミノール 1950」のケース 「ルミノール 1950」のケース 「ルミノール 1950」のケース

PANERAI PER LA MARINA - 1950

「ルミノール 1950」のケース

「ラジオミール」から「ルミノール」へと進化。 パネライは、第二次世界大戦が勃発した頃に始めた技術研究を終戦後も続け、ブリッジ型リュウズプロテクター、ケースと同じ1つのスティールの塊から製作して強化したワイヤーループ式アタッチメント、「ラジオミール 1940」と同様のクッション型ケース、さらにフラットで幅の広いベゼルなどの特徴を備えた「ルミノール」を開発した。 現在、このケースを備えたモデルは「ルミノール 1950」として知られている。

「エジツィアーノ」の開発 「エジツィアーノ」の開発 「エジツィアーノ」の開発

PANERAI PER LA MARINA - 1956

「エジツィアーノ」の開発

エジプト海軍のために「エジツィアーノ」と呼ばれるラジオミールを開発。この時計は、特別なサイズ(ケース直径60mm)と頑丈さを特徴とし、優れた防水性と、潜水経過時間を表示するための目盛付きベゼルを備えていた。 以前に試作品に採用され、イタリア海軍に提出した納品文書にも記されていたブリッジ型リュウズプロテクターに関する特許がこの年に出願され、この機構はルミノールおよびブランドのDNAの特徴のひとつとなる。

オフィチーネ パネライの転換期 オフィチーネ パネライの転換期 オフィチーネ パネライの転換期

PANERAI PER LA MARINA - 1972

オフィチーネ パネライの転換期

グイドの息子、ジョゼッペ・パネライが亡くなり、長年にわたって軍事機密扱いであったイタリア海軍への納入契約としてパネライ家が行ってきた事業は、時計技師のディノ・ゼイに譲渡された。社名は「G.Panerai & Figlio」から、初期のモデルに用いられていた「Officine Panerai S.r.L.」へと変更された。オフィチーネ パネライは長年、コンパスや手首装着型水深計、深海で優れた耐性を発揮する水圧補正付き水中フラッシュライトなどをイタリア海軍のために製作・納入してきたことから、こうした機器に関しても新たな時期を迎えることになった。

プレ・ヴァンドーム

1993 - 1997

オフィチーネ パネライ初のコレクション

プレ・ヴァンドーム - 1993年

オフィチーネ パネライ初のコレクション

 

オフィチーネ パネライが、民間向けに3つの限定シリーズで構成されるウォッチコレクションを発表。発表されたシリーズ「ルミノール」、「ルミノール マリーナ」、「マーレ ノストゥルム」は、第二次世界大戦中の特殊部隊用に開発された歴史的モデルにインスパイアされ、すぐに時計コレクターや愛好家の間で高い人気を得る。 このコレクションの発表は、1993年9月に、アメデーオ・ダオスタ公参列のもと、イタリア海軍の巡洋艦「ドゥランド・デ・ラ・ペンネ」号の船上で行われた。

 

 

オフィチーネ パネライが高級時計市場の主役に

プレ・ヴァンドーム - 1997年

オフィチーネ パネライが高級時計市場の主役に

オフィチーネ パネライがリシュモングループ(旧ヴァンドームグループ)の傘下に入る。これにより、イタリア国内に優れた流通ネットワークが確立。翌年には高級時計の国際市場に参入。 コレクションに、2つのモデル「ルミノール」と「ルミノール マリーナ」が3つのバージョンで登場。1993年に発表された「マーレ ノストゥルム」モデルが新しいバージョンでリニューアル。その特徴として、細いベゼル、ねじ込み式裏蓋、アワーサークルの外側の動きが挙げられる。

国際的に発表

2001 - 2002

原点回帰

国際的に発表 - 2001年

原点回帰

 

オフィチーネ パネライはパネライ ファミリーが所有していたフィレンツェブティックの敷地にサン・ジョバンニ広場の歴史あるパネライ ブティックを新装オープン。現行コレクションやスペシャルモデルに加え、ブティック限定モデルを見ることができることから、同ブティックには世界中のパネライファンやコレクターが集まる。

 

ヌーシャテルにパネライ マニュファクチュールが完成

国際的に発表 - 2002年

ヌーシャテルにパネライ マニュファクチュールが完成

 

スイス、ヌーシャテルの自社工房オフィチーネ パネライ マニュファクチュールの完成とともに、この年はパネライにとって重要な年となる。技術革新と研究開発に向けて、スイス高級時計製造技術と独自のデザイン、優れたノウハウが一つ屋根の下に集結された。 また、アジア初のパネライ ブティックが香港の高級ビル、ランドマーク プリンスにオープン。

 

パネライ マニュファクチュール

2005 - 2016

パネライ初の完全自社製ムーブメント

パネライ マニュファクチュール 2005年

パネライ初の完全自社製ムーブメント

 

1940年代のアンジェリュス製ムーブメントの特徴である8日間パワーリザーブとGMT機能を持つパネライ初の自社製手巻きムーブメントP.2002を発表。□この名前は、パネライがフィレンツェ時計ブランドの時計製造技術に敬意を表してマニュファクチュールを完成させた年にちなんだもの。

完全自社製キャリバーの発表

パネライ マニュファクチュール 2007年

完全自社製キャリバーの発表

自社で設計・開発が行われたP.2003、P.2004、革新的なP.2005の3つの新型キャリバーを発表。 P.2005はパネライ独自の洗練されたトゥールビヨン機構を搭載。トゥールビヨンという複雑機構を自社の伝統にすると同時にこれを一新した。テンプと脱進機を収めたケージがテンプの回転軸に対して平行ではなく垂直方向に回転。また、従来のトゥールビヨンではケージの回転が1分間に1回であったのに対し、パネライのP.2005キャリバーでは30秒に1回ずつ回転する。

自社製キャリバーP.9000およびP.2006を発表

パネライ マニュファクチュール 2008年

自社製キャリバーP.9000およびP.2006を発表

 

自社で開発が行われた完全自社製ムーブメント、P.9000およびP.2006を発表。 ルミノール 1950シリーズおよびラジオミールのモデルに搭載されたP.9000キャリバーは72時間パワーリザーブを主な特徴とする。一方、P.2006はP.2004シングルボタン クロノグラフキャリバーの進化型として、10時位置のプッシュボタンで操作するスプリットセコンド機能を搭載。

 

海の世界に注ぐ情熱

パネライ マニュファクチュール 2009年

海の世界に注ぐ情熱

 

海の世界に対する情熱を称え、1936年に伝説のファイフ造船所で建造されたバミューダ・ケッチ、アイリーン号を購入し修復。修復に3年の月日を要し、ヴィアレッジョにあるフランチェスコ・デル・カルロ造船所の優れた修復技術のおかげで本来の美しさを取り戻す。 4万時間という作業時間を経て、ようやくラ・スペツィアにあるイタリア海軍の航海班にてアイリーン号の進水式が行われた。 パネライが1956年にエジプト海軍のためにデザインした「エジプシャン」の復刻版を製作したことから、フィレンツェ時計ブランドのこうした情熱が注目を浴びる。

 

ガリレオ・ガリレイに捧ぐ

パネライ マニュファクチュール 2010年

ガリレオ・ガリレイに捧ぐ

 

トスカーナ地方が生んだ天才ガリレオ・ガリレイによる初の天体望遠鏡観測400周年を記念して、「ラストロノモ」、「ロ シエンツィアート」、「ジュピテリウム」の3作を発表。 「ジュピテリウム」は永久カレンダーを備えたプラネタリウム時計で、地球を中心にして太陽、月、木星と、望遠鏡の発明のおかげで1610年にガリレオによって発見されたガリレオ衛星と呼ばれる4つの衛星(イオ、エウロパ、ガニメデ、カリスト)を表示。 国際高級時計見本市で自社キャリバーP.999、およびパネライ コンポジットを使用した初の時計を発表。

ブロンズ時計の発表

パネライ マニュファクチュール 2011年

ブロンズ時計の発表

 

経年変化の証が魅力的な素材であり、パネライの歴史と深い結び付きのある海の世界を想起させるブロンズを採用したモデル、「ルミノール サブマーシブル 1950 スリーデイズ オートマティック ブロンゾ」を発表。 また同年、フィレンツェ時計ブランドの優れた時計製造技術を表現する自社製キャリバーP.3000を発表。 フロリダ、バル・ハーバーにパネライ ブティック30号店がオープン。



 

過去に敬意を表す:1940年代の歴史的ケースにインスパイアされた2つのラジオミールを発表

パネライ マニュファクチュール 2012年

過去に敬意を表す:1940年代の歴史的ケースにインスパイアされた2つのラジオミールを発表

 

歴史的モデルにインスパイアされたケースを採用した二つの特別限定モデル「ラジオミール1940」を発表。1940年代に製造されたラジオミールの一部は、1930年代終わりの試作品や生産モデルとは異なり、ストラップアタッチメントはケースに溶接されたスティール製ワイヤーループではなくケースと同じ1つの塊から作られており、頑強さと耐久性がさらに向上した。 新しい「ラジオミール 1940」にはこの特殊ケースを採用。直径はオリジナルと同じ47mmで、その他にも保護ガラスとしてプレキシガラス®、ラウンドベゼル、シリンダー型リュウズなど、歴史的モデルを彷彿させる特徴を備える。 オフィチーネ パネライは、商標「プレキシガラス®」の所有者ではありません。

オフィチーネ パネライのさらなる発展を示す、三つの新しい自社製ムーブメント

パネライ マニュファクチュール 2013年

オフィチーネ パネライのさらなる発展を示す、三つの新しい自社製ムーブメント

 

オフィチーネ パネライは、三つの新しい自社製ムーブメントを発表。クロノグラフ フライバック機能を備えたパネライ初の自動巻きムーブメント、キャリバーP.9100と、レガッタ カウントダウン機能を搭載した、洗練されたキャリバーP.9100/R、そして8日間のパワーリザーブを備えた手巻きムーブメント、キャリバーP.5000。新しいコレクションには、ブランドの歴史を反映するラジオミール 1940 ケースと、新しいサブマーシブル ウォッチの数々が登場した。また、ジュネーブのSIHHにて、並外れたセラミック製の懐中時計「ポケットウォッチトゥールビヨン GMTチェラミカ」も披露した。

 

 

オフィチーネ パネライの新しいマニュファクチュールがオープン

パネライ マニュファクチュール 2014年

オフィチーネ パネライの新しいマニュファクチュールがオープン

スイス、ヌーシャテルの丘陵地帯に位置するピエール・ア・ボットにオフィチーネ パネライの新しいマニュファクチュールがオープン。ひとつの建物の中に高級時計製造に関わりのある非常に優れた技能を集約し、イタリアンデザインの卓越性とスイスメイド テクノロジーの伝統を一体化させている。最初のパネライ マニュファクチュールがオープンした2002年以来、パネライは、GMTからあらゆるクロノグラフ、そして長時間パワーリザーブからパネライならではのトゥールビヨンに至るまで、最高レベルの複雑機構を備えた多彩な自社製ムーブメントを開発してきた。2014年には、キャリバーP.4000を発表。オフセンターのローターを特徴とするこの自社製自動巻きムーブメントでは、優れたデザイン性と高度な時計製造技術が完璧な形で融合している。

オフィチーネ・パネライが香港廣東道のブティックをリニューアルオープン

パネライ マニュファクチュール 2015年

オフィチーネ・パネライが香港廣東道のブティックをリニューアルオープン

 

パネライは、香港廣東道にあるブティックを正式にリニューアルオープンしました。これによってこのブティックはパネライ最大の店舗となりました。他のどのパネライ ブティックにもないこの香港ブティックだけに見られる特徴が、波状にうねるアルミ製のパネルでできた独特なファサードで、パネライならではの文字盤を備えた大型のウォールクロックが取り付けられています。

 

同年中には、技術面でもデザイン面でもパネライの最高傑作であることが一目でわかるキャリバー、パネライ自社製P.1000ムーブメントを発表しました。これは全体の厚さがわずか3.85㎜という洗練された機械式ムーブメントで、パネライの専門技術が極めて優れたものであることを示しています。

パネライがラジオミール1940 ミニッツリピーター カリヨン トゥールビヨンおよび新しいルミノール ドゥエ ケースを発表

パネライ マニュファクチュール 2016年

パネライがラジオミール1940 ミニッツリピーター カリヨン トゥールビヨンおよび新しいルミノール ドゥエ ケースを発表

パネライは、ラジオミール1940 ミニッツリピーター カリヨン トゥールビヨンを発表しました。ヌーシャテルのパネライ マニュファクチュールで制作された中で技術的に最も複雑なこの時計は、独自のトゥールビヨン レギュレーターと驚くべきダブル ミニッツリピーター機構を備えています。この機構では、ローカルタイムと第二時間帯のいずれかを選んでミニッツリピーターを起動することができ、ゴングとハンマーの洗練されたシステムによって1時間ごと、10分ごと、1分ごとに音を鳴らすことができます。

 

2016年、パネライの歴史に新たな一章を刻む、新しい「ルミノール ドゥエ」コレクションが正式に発表されました。新しいケースは、1950年代のクラシカルなルミノール シリーズの影響を忠実に受け継いでいるだけでなく、巧みに新しいデザインにリニューアルされており、オフィチーネ・パネライの歴史に新たな一章を拓いています。この新しいコレクションで採用された自社製キャリバーP1000/10およびP.4000/10ムーブメントは、パネライ マニュファクチュールで開発された最薄の自動巻キャリバーです。