1. Home
  2. パネライのアンバサダー
  3. COMSUBIN

コムスビン

Comando Raggruppamento Subacquei ed Incursori(潜水奇襲攻撃部隊)。特殊任務のために訓練されたチーム。特殊任務のために訓練されたチーム。

歴史

1960年2月15日にジノ・ビリンデッリ提督によって設けられたチームは、“マイアーレ” (イタリア語で豚の意)として知られる、有名な人間魚雷の発明者である海軍技術少佐のテセオ・テセイに因んで名付けられました。この部隊は、第二次世界大戦中に英雄的な戦果で世界中にセンセーションを巻き起こしたイタリア海軍突撃艦隊の功績を受け継いでいる部隊です。この潜水工作員たちの勇気を称え、33個の戦功金勲章、104個の戦功銀勲章、33個の戦功銅勲章が授与されました。*

世界の羨望の的のイタリア海軍部隊

01

世界の羨望の的のイタリア海軍部隊

ターラント湾に係留されたイタリア海軍特殊部隊のコムスビンチームが乗船する潜水艦シレ。この潜水艦と乗組員たちが、現在では海での特殊作戦や諜報活動の分野で非常に卓越した成果を達成している伝説のチームを構成しています。

同時に存在する過去、現在、そして未来

02

同時に存在する過去、現在、そして未来

ラ・マッダレナのサルデーニャ海では、様々な時代が同時に存在しています。手前には、イタリア海軍潜水夫の通常装備を身に付けた学生がいます。この装備は、1849年7月24日に初めて創設されたイタリア海軍潜水夫の学校のために作られた装備で、170年の歴史を持ちます。この古いギアは、ダイビングコースのトレーニングの初期段階で現在も使用されています。このダイビングスーツは使い方が非常に複雑であるため、水中でこの装備を身に着けて作業できるようになってようやく一人前のイタリア海軍の潜水夫と言えます。この学生の真後ろには、送気式潜水機器として知られる、現代の潜水装置があります。この装置は、潜水作戦部隊(G.O.S.)の水中での任務で使用されます。

飽和潜水 - ヨーロッパ、イタリア海軍でのみ使用された特殊技術

環境状況のモニタリング

03

環境状況のモニタリング

アドリア海沖合の石油リグを調査中のイタリア海軍の潜水夫。目的は、石油のサンプルを採取し、製造サイクルの最後にリサイクルされて環境に戻される水の状態を確認することです。この作業は、経済開発省に代わって行っています。ポールは、海中の海流に対する強度を確保するために特殊な形状であり、その形状が際立っています。潜水夫の孤独感やその場の違和感が、コムスビンのメンバーが実行する任務につきものの圧倒的な静寂や無音、視界の悪さを象徴します。

ファストロープ

04

ファストロープ

イタリア海軍特殊部隊展開のトレーニングでは、隊員がファストロープテクニックを使ってEH-101海軍ヘリコプターから降下します。隊員は、アドリア海の炭化水素を抽出するプラットフォームに落とされます。これは、襲撃作戦部隊(G.O.I.)の数ある能力の一つであり、海での反テロ任務の一部です。

完全なコラボレーションとそれ以上のもの

05

完全なコラボレーションとそれ以上のもの

後方には、コムスビンのエンブレムの下に学生たちが整列し、前を向いています。手前には、コムスビンの司令官とその人員、その両脇には、グリーンのイタリア海軍特殊部隊のメンバー、冬のユニフォームを着た海軍部隊の隊員と支援員、ブルーの潜水作戦部隊(G.O.S.)のイタリア海軍潜水夫、そして、国防省の職員が並んでいます。

*絵や写真の原典:UOMINI OLTRE COMSUBIN UNA SQUADRA ADDESTRATA PER MISSIONI IMPOSSIBILI、Massimo Sestini、Rodrigo Editore