1. ホーム
  2. Panerai Ambassador
  3. Takashi Sorimachi

Takashi Sorimachi

日本の俳優、反町隆史さんとパネライがチームを組んだ、2つの限定ウォッチ

${properties.title}

日本の俳優、反町隆史さんとパネライがチームを組んだ、2つの限定ウォッチ

日本で初めてとなる、パネライの特別な体験付きエクスペリエンス エディションウォッチを手に入れた、10人のオーナーのためのツアーを、スターが主催します。

反町隆史さんについて

反町隆史さんについて

映画、テレビのスターとして高い評価を得ている反町隆史さんは、誰もが知っている有名な存在であると同時に、オフの顔にも説得力があります。才能のあるバス釣りの名手であり、バスボート愛好家として、水を舞台にした彼の情熱は、彼とパネライとのコラボレーションの中核を成しています。

 

2つのルミノール クロノ フライバック 反町隆史エディションは、スイスの時計製造技術の高度なノウハウを備え、水の環境に対する共通の敬意と愛情を具現化した製品です。

「水上にいることは私にとって自然とつながることであり、隠れ家のように、自分自身を見つめる場所です。

 

釣りへの愛情は私を非常に長い間魅了し、私はバスの大きさのワールドレコードを狙って挑戦し続けています。趣味とは本気で取り組むことによって、趣味を越えたその先の何かが見えるものだと思います。だからこそ、次の高いステージに行くことができ、課題をクリアして自分のものにしていこうと、限界にチャレンジできるのです。」と彼は語ります。「海と挑戦への熱狂的なアプローチをするパネライは、私と共通の価値観をもっていて、コラボレーションする機会を得て光栄に思います。」

 

「パネライでは、私たちと同じ意欲を持った情熱的な先見者を探しています。」

パネライのCEO、ジャンマルクポントルエは次のように述べています。

「反町隆史さんはそれらの資質を完全に体現しています。彼と協力して、彼の釣りと冒険のために究極のツールとなる時計を作ることができ、私たちにとってこの上なく幸せです。」

10個限定で日本限定のルミノール クロノ フライバック-反町隆史エクスペリエンス エディションは、高いレベルのパフォーマンスを発揮できるよう調整されたツールです。パネライ ゴールドテック™製の44㎜ケースは、独自の割合でプラチナと銅を配合し、酸化への耐性と、強い赤い色合いを備えています。

洗練された時計のデザイン全体の思慮深いディテールは、反町さんの水への熱烈な愛からインスパイアされています。クロノグラフ秒針と赤いマーカーは彼のバスボートの色からとり、ハンサムなコントラストを描いています。 サテンソレイユ仕上げのきらめくアンスラサイト文字盤に対して、サファイアガラスのケースバックにはバスのイメージと反町さんのサインが描かれています。 このモデルには2本のストラップが付いています。1つはマットブラックのアリゲーター、もう1つはスポーツの際に最適なブラックラバー製です。

ルミノール クロノ フライバック 反町隆史エクスペリエンス エディションを獲得した10名には、日本で初めて開催されるパネライの特別な体験に招待されます。この体験は、反町さんと一緒に過ごす京都と琵琶湖のツアーです。初日は京都で特別なディナー、そして翌日は日本最大の淡水湖、琵琶湖でのバスフィッシングです。

反町さんとのコラボレーションで作られたもう一つの限定モデル、ルミノール クロノ フライバック 反町隆史エディションは、それ自体が強い美的特徴を持っています。そのマットブラックのセラミックケースと、反町さんのバスボートのカラーを反映した鮮やかな赤のディテール、特にラバーコーティングされたリュウズがポイントになっています。

エクスペリエンス エディションと同様にカスタマイズされたケースバックは、DLCコーティングされたチタン製で、反町さんのサインとバスのモチーフが刻印されています。 2つの付属ストラップがあり、1つはブラックラバー製、もう1つはバイマテリアルのパネライ スポーテック™製で、大胆なウォータースポーツにも耐えられるよう設計されています。生産数はご好評により増産し、日本限定100本を発売します。