1. ホーム
  2. ストラップの素材
  3. メタル ブレスレット

メタル ブレスレット

パネライでは、さまざまな素材やデザインのメタル ブレスレットをご用意しています。それぞれのメタル ブレスレットは、時計のケースにぴったりと合うように設計されており、レザー、ラバー、メタルブレスレットとの交換が保証されています。

パネライのメタル ブレスレットは、「ルミノール」および「ルミノール1950」にのみ適応します。さらに、デザインや構造の違いから、すべてのメタル ブレスレットが各ケースに適応している訳ではありません。

各ケースに適した対応ブレスレットを特定するには、時計のケース番号をご確認ください(「ルミノール」または「ルミノール1950」のみ)。

メタル ブレスレットには、それぞれ異なる仕上げが施されたAISI 316L製およびチタン製があります。

閉じる

メタル ブレスレット1999

ステンレススティールとチタンなどの異なる金属を組み合わせてひとつのリンクにすることで、優れた仕上げを得られるように考案された、最初のパネライ独自のメタル ブレスレットです。2つのピースを組み合わせて作られたブレスレットのリンクを、チタン製のネジで別のリンクに留めています。ただし、メタル ブレスレットの製造はネジを使わずチタンで制作されています。リンクのアウトラインは、リューズプロテクターの「ブリッジ型」のデザインを想起させます。

メタル ブレスレット2008

このブレスレットは、時計の美しさを向上させるだけでなく、ケースとのさらなる調和を目指してデザインされています。ブレスレットは、極めて自然にケースと一体化しており、それ自体がケースから延長されているように見えます。

リンクは非対称で、ダブルカーブの表面になるように成形されています。そのため、ブレスレットは触り心地が良いだけでなく、装着感にも優れています。リンクはサテン仕上げですが、接触面ではスティールは鏡面仕上げになっており、ケースバンドやベゼルの仕上げとのコントラストを成しています。

メタル ブレスレット2017

1990年代後半のメタル ブレスレットのデザインに着想を得た、この新しいデザインは、これまでに発表された2つのデザインを徹底的にリニューアルしたものです。このデザインによって時計の見た目の美しさがさらに引き立てられており、ネジがなく、ケースに一体化された軽量のブレスレットが誕生しました。

ミドルケースにはサテン仕上げ、ベゼルにはポリッシュ仕上げが施されており、ケースに調和した完璧な仕上げが施されています。ブレスレットのリンクは、「ルミノール」ウォッチのアイコン的なブリッジ型のリューズプロテクターを想起させるものであり、これらにはオフィチーネ パネライのロゴが刻印されています。