メインコンテンツに移動する

現在、閲覧中の地域バージョン:

お住まいの地域に関連した情報にアクセスするには、以下の地域バージョンの使用をお勧めします:


国際的 閉じる ✕
検索
pan.navigation.search.input.status.text
クリア
Stay tuned for a new Limited Edition / Days / Hours / Minutes / Seconds
Wed Apr 10 00:00:00 UTC 2024
15:30:00
+09:00

ようこそ

ナビゲーション情報に基づき、場所と通貨を以下のように設定しました:

Japan -

ご希望の場合、設定を変更することができます。

ニュースとイベント

ニュースとイベントへ

パネライは第61回ミラノサローネのオフィシャルタイムキーパーです

スイスの時計製造のノウハウとイタリアのデザインが融合した高級時計のマニュファクチュールであるパネライが、第61回ミラノサローネのオフィシャルタイムキーパーに任命されたことで、過去に世界的に有名なアーティストやデザイナーとの数々の取り組みの舞台となったこの国際デザイン展との歴史的な関係がより強化されます。

 

2023年4月18日から23日まで、パネライはミラノサローネの熱気に満ちた中心地で最新作を発表します。ミラノのローフィエラに、アイデアの工房パネライの考案による、この機会のために設置された革新的なポップアップストアをオープンし、来場者、そしてデザインや高級時計の愛好家をお迎えします。

 

コルソ・イタリアに面した80平方メートルの空間では、ラジオミールモデルのヴィンテージスピリットについての新しい解釈、サブマーシブル コレクションの潜水艦の世界、そしてリューズプロテクターでパネライがイタリアンデザインのアイコンであることを世界に知らしめたルミノールとルミノール ドゥエなど、メゾンの伝説的ストーリーと、最もアイコニックなコレクションの世界を発見する旅に来場者をお誘いします。

 

パネライ ブティックと同じ素材、主に大理石と木材を使用し、ウォッチの文字盤の輝きや、照明に特化した2年に一度開催される「ユーロルーチェ」のテーマを彷彿させる装飾を施したポップアップストアでは、ラウンジバーも併設し、日中の心地よい休憩や夜のアペリティーボをイタリアンテイストでお楽しみいただけます。

 

 

ミラノサローネでは、ラジオミールを現代的に解釈し、汎用性を高めた最新モデル、ラジオミール クアランタも披露されます。

 

素材にパネライ ゴールドテック™を使用したこの新作は、革新を続けることで独自に正確さを追求してきたラジオミール コレクションの真髄を物語ります。

 

ラジオミール クアランタ ゴールドテック™は、ポリッシュ仕上げのゴールドテック™製ケース(PAM01026)に、サンブラッシュド仕上げを施したホワイトの文字盤とマットブラウンのアリゲーターストラップが組み合わせられています。パネライ ゴールドテック™はパネライが初めて開発したゴールド素材で、プラチナと銅を配合することで得られる力強いレッドトーンの輝きを放ちます。

 

パネライ ゴールドテック™の輝きをまとった、合わせやすく控えめなシルエット

 

ラジオミールの原点にオマージュを捧げるラジオミール クアランタは、メゾンが初めて世に送り出した時計への現代的な解釈です。1940年代、イタリア海軍の伝説的な潜水部隊のために作られたラジオミールの外観が、審美眼を持つ現代の時計愛好家のために再現されました。無駄を削ぎ落としながらも存在感を放つラジオミール クアランタは、オリジナルモデルを彷彿とさせる特徴を備え、パネライの歴史と専門性を知る時計愛好家を魅了します。文化と計器製造の技術的卓越性を融合するメゾンのルーツは、洗練されたイタリアンエレガンスにあります。それを体現するラジオミール コレクションのアイコニックなディテールと正確さが新たな進化を遂げました。

 

イタリア語で40を意味する「クアランタ」は、このコレクションを特徴づける40mmのケースサイズを表しています。このサイズは、約80年前に製造されたラジオミール オリジナルモデルの47mmサイズを現代的にアレンジして作られました。厚さ10.15mmのケースはパネライ ウォッチの中で最も薄く、性別問わず、どんなシーンにも合わせやすいシルエットに仕上げられています。ラジオミール コレクションの特徴である円錐形のリュウズを備え、マット仕上げのアリゲーターストラップを合わせたラジオミール クアランタ ゴールドテック™は、モダンなライフスタイルにマッチする控えめでエフォートレスなラグジュアリーを表現します。

 

モンテナポレオーネ通り1番地にあるパネライ ブティックでは、没入型体験が続き、イベント開催中、市内で体験いただけます。

 

1860年にフィレンツェで工房、店舗、そして時計製造の学校として設立されたパネライは、長年、イタリア海軍全般、特に特殊潜水部隊に高精度計器を供給してきました。

 

当時パネライによって開発された計器類は、ルミノール、ラジオミールを初めとして、長年軍機保護法により機密扱いとされていたため、パネライウォッチが国際市場に登場したのは、1997年にブランドがリシュモングループの傘下となってからのことでした。

 

現在パネライはスイスのヌーシャテルにあるマニュファクチュールでムーブメントと時計の開発製造を行っています。時計製造は、イタリアンデザインのセンスと歴史がスイスの時計製造のノウハウとシームレスに融合しています。パネライウォッチは、独占的な代理店ネットワークとパネライ ブティックを通して全世界で販売されています。

 

www.panerai.com

www.facebook.com/paneraiofficial

www.twitter.com/paneraiofficial

www.instagram.com/panerai