1. Home
  2. ウォッチコレクション
  3. Submersible
  4. PAM00692 - Luminor Submersible 1950 BMG-TECH™ 3 Days Automatic - 47mm

Luminor Submersible 1950 BMG-TECH™ 3 Days Automatic - 47mm

PAM00692

税込み 税抜き
コンシェルジュに問い合わせ

画像は参考写真であり、色やサイズは実際の商品と正確に一致しない場合がございます。

向けの厳選されたアクセサリー Luminor Submersible 1950 BMG-TECH™ 3 Days Automatic - 47mm

人気のストラップ

    Matching Buckles

      テクノロジーの限界を超えて

      見た目にはわかりませんが、パネライが長年に渡ってデザインや新素材を研究してきた成果である革新的な技術。これによって世界初の全体がBMG-TECH™製のケースを備えた機械式時計が誕生しました。

      技術特性

      ムーブメント

      自動巻きメカニカル、パネライ自社製P.9010 キャリバー、径 13¾リーニュ、厚さ6.0mm、31石、グリュシデュール®製テンプ、振動数28,800回/時インカブロック®耐震機構。パワーリザーブ3日間、2バレル。構成部品200個。

      機能

      時、分、スモールセコンド、日付

      ケース

      Diameter 47mm, BMG-Tech™

      ベゼル

      (Protected as a trademark) BMG-Tech™. Anti - clockwise rotating bezel with graduated scale

      ケースバック

      Screw, titanium

      文字盤

      Blue with luminous hour markers and dots. Date at 3 o’clock, small seconds at 9 o’clock

      防水機能

      "30気圧(300m)"

      ストラップ

      - 26/22.0 スタンダード

      *

      BMG-TECH™、その強さは自然界を超える。

      このようなBMG-TECH™の不規則な構造によって、優れた堅牢性と、腐食、外部からの衝撃、磁気への高い耐性が備わっており、時間が経ってもその外観の美しさが保たれます。

      スティールよりも堅固で軽量

      "BMG-TECH™は、不規則な原子構造を持つバルク金属ガラスであり、数秒間のみ持続する冷却プロセスに続いて、高温での高圧注入プロセスを経て製造されます。この時間が極めて短いため、原子は規則的で整然とした構造に並ぶことができません。"

      キャリバー P.9010

      キャリバー P.9010

      The automatic P.9010 calibre, entirely developed and created in the Panerai Manufacture in Neuchâtel, has central hour and minute hands, the small seconds dial at 9 o’clock and the date at 3 o’clock. The energy necessary to accumulate a power reserve of three days – the basic standard for Panerai in-house movements – is stored in two spring barrels whose springs are wound by an oscillating weight operating in both directions. Consisting of 200 components including 31 jewels, the calibre has a diameter of 13¾ lignes and it is 6 mm thick. The balance, fixed by a bridge with twin supports, oscillates at a frequency of 28,800 vibrations per hour (4 Hz). It is associated with the device which stops it as soon as the winding crown is pulled out, enabling the watch to be perfectly synchronised with a reference signal. In the P.9010 calibre the hours can be conveniently adjusted without interfering with the movement of the minute hand, thanks to the device which directly moves only the relative hand in jumps of one hour forward or backwards. This function is very useful when changing time zones or moving between summer time and winter time, and conveniently the adjustment of the hour hand is automatically connected to the date indicator.

      キャリバーを見る