メインコンテンツに移動する

現在、閲覧中の地域バージョン:

お住まいの地域に関連した情報にアクセスするには、以下の地域バージョンの使用をお勧めします:


国際的 閉じる ✕
検索
pan.navigation.search.input.status.text
クリア
Stay tuned for a new Limited Edition / Days / Hours / Minutes / Seconds
Wed Apr 10 00:00:00 UTC 2024
15:30:00
+09:00

ようこそ

ナビゲーション情報に基づき、場所と通貨を以下のように設定しました:

Japan -

ご希望の場合、設定を変更することができます。

パネライ_ルナ・ロッサについて

ルナ・ロッサについて

1997

ルナ・ロッサチームは、1997年2月のある晩、ミラノのドゥオーモ近くで生まれました。起業家パトリツィオ・ベルテッリとアルゼンチンのヨットデザイナー、ジャーマン・フレールが会合してクルーズ艇の建造について話し合ったのです。突然、フレールが叫びます:「アメリカズカップに出場しないか?アメリカズカップに出場しよう!」

15日後、何もないところから新たな挑戦者が参戦し、イタリア人と世界中のセーリングファンの記憶に長く残ることになります。

ルナ・ロッサチームの誕生です。

 

2000年 オークランド

それからちょうど3年後の2000年2月、ルナ・ロッサはニュージーランドのオークランドで開催されたルイ・ヴィトンカップで優勝し、ブラックマジックとの決勝レースへの出場権を獲得しました。

イタリアのスキッパー、フランチェスコ・デ・アンジェリスがアメリカズカップの決勝レースに参加したのはこれが初めてであり、アメリカの船が出場しなかったのも初めてでした。

カップはニュージーランドチームが守りましたが、ルナ・ロッサは新記録を持ち帰りました。49の予選レースのうち38勝を挙げたのです。

2003年 オークランド

2001年1月、パトリツィオ・ベルテッリはルナ・ロッサの冒険を続けることを決意し、オークランドで再びディフェンディングチームであるニュージーランドチームに挑戦しました。翌年、ITA74とITA80の2隻がプンタ・アラから出航しましたが、予戦では思うような結果を得られませんでした。

ルナ・ロッサはルイ・ヴィトンカップの準決勝まで勝ち進みましたが、最終的にはアメリカズカップで優勝する運命にあったスイスの新興チームに敗れました。  アリンギ。

2007年 バレンシア

1世紀以上の時を経て、カップは再びヨーロッパに戻りました。ルナ・ロッサは、当時まだ若かったジェームズ・スピットヒルの功績のおかげで、準決勝でアメリカのオラクルチームを破りました。ルナ・ロッサはルイ・ヴィトンカップの決勝に進み、5つのレースで激戦を繰り広げた結果、エミレーツ・チーム・ニュージーランドが優勝しました。

2013年 サンフランシスコ

ルイ・ヴィトンカップがサンフランシスコ湾で開幕し、 巨大な「AC72」フライングカタマランが採用されました。4回の参加のうち3回目は、ルナ・ロッサがルイ・ヴィトンカップの決勝戦に出場しました。しかし、決定的なマッチレースで伝説的なカムバックでニュージーランドチームを打ち負かしたのは、オラクルのアメリカチームでした。

2015年の撤退

2015年4月、アメリカズカップの5回目のチャレンジを開始した後、第35回アメリカズカップのすべての参加者によってすでに承認されたクラスルールを、ディフェンダーによって前例のない手順で一方的に変更されたことを受け、ルナ・ロッサはチャレンジから撤退することを決定しました。 

2017年 バミューダ

ルナ・ロッサは、チャレンジャー・オブ・レコードとして6回目のチャレンジを開始しました。 

2021年 オークランド

チルコロ・デッラ・ヴェラ・シチリアは、ヨットクラブとして初めて2021年大会のディフェンダーであるエミレーツ・チーム・ニュージーランドに挑戦しました。ルナ・ロッサ プラダ ピレリはチャレンジャー・オブ・レコードを獲得し、プラダカップで優勝しました。

2024年のバルセロナに向けて

チルコロ・デッラ・ヴェラ・シチリアを代表するルナ・ロッサ プラダ ピレリは、2024年8月から9月にかけてバルセロナで開催されるアメリカズカップへの6回目のチャレンジを開始しました。

${properties.title}

「ルナ・ロッサ プラダ ピレリ」チーム

ショアチーム

35名からなる「ルナ・ロッサ プラダ ピレリ」チームの心臓部

水中と陸上の両方で活動するショアチームは、直ちに作業にとりかかれる体制を整えています。ボートが陸に戻ったときに作業を開始し、翌日ボートが再び海に戻ったときに作業を終えます。テントの下やコンテナの内部で作業し、新しいパーツを開発し、日々の損傷を修復します。チームはいくつかのユニットに分かれています。FRPやカーボンの製造、油圧系、電子機器、マストを支えるワイヤー、セイルの製造・補修、機械工房、甲板設備、塗装などです。ボートのメンテナンスを担当するだけでなく、カスタムメイドの小・中型部品を製造し、ボートの標準機能を目的に応じたコンポーネントと組み合わせる役割を担います。

デザインチーム

37人からなるこのチームは圧倒的に大きく、造船、構造工学、機械工学、コンピューター工学、航空・流体工学の5つのユニットに分かれています。 

チームは、船体、帆、そしてすべてのカスタムコンポーネントを設計するだけでなく、海上訓練中にシミュレーターや船体に接続されたコンピューターから送られてくるデータを分析します。セーリングチームやショアチームと連携し、ボートのパフォーマンスを向上させるソリューションの設計に日々取り組んでいます。

セーリングチーム

操舵手、メインセールトリマー、フォイルトリマー、グラインダーからなる8人のチームメンバーがAC75に乗り込み、競技に挑みます。ベテランと新世代のメンバーからなるチームは、コーチを含む21人の男性で構成されています。海上ではさまざまな種類のボートでトレーニングし、地上ではシミュレーターとジムでトレーニングします。クルーは、ボートを操縦する役割に加え、ショアチームやデザインチームと連携してボートのパフォーマンスを向上させるという役割も担います。セーリングチームとショアチームは、ボートのパフォーマンスを向上させるソリューションの研究と設計に日々取り組んでいます。

女性チームと新しい世代

第37回大会からユース・アメリカズカップとウィメンズ・アメリカズカップが導入されたことで、ルナ・ロッサ プラダ ピレリは、「新世代」プログラムを通じて長年にわたり育成してきた数多くの才能あふれる若い人たちを競技に参加させることができるようになりました。メンバーには、最も有望なイタリア人セーラーを対象としたチームのカリアリ合宿で優秀な成績を収め、国際セーリング合宿でフォイル艇における能力を発揮した女性や少女が含まれます。

セーリングチーム

Max Sirena

チームディレクター&スキッパー

 

Gilberto Nobili

オペレーションマネージャー&メカトロニクスコーディネーター 

 

Michele Cannoni

ボートキャプテン&ショアチームマネージャー

 

Philippe Francois Pierre Presti

コーチ

 

Jacopo Plazzi Marzotto

コーチ

 

Hamish Dennitts Willcox

コーチ

 

Marco Mercuriali

ルールコーチ

 

Francesco Bruni

操舵手

 

Jimmy Spithill

操舵手

 

Vittorio Bissaro

セーラー

 

Ruggero Tita

操舵手

 

Marco Gradoni

操舵手

 

Umberto Molineris

セーラー

 

Shannon Falcone

フリート&セーフティーマネージャー

 

Francesco Mario Mongelli

セーラー

 

Umberto Molineris

セーラー

 

Romano Battisti

サイクラー

 

Andrea Tesei

セーラー

 

Bruno Rosetti

サイクラー

 

Enrico Voltolini

セーラー、サイクラー&AC40キャプテン

 

Nicholas Brezzi Villi

セーラー&サイクラー

 

Emanuele Liuzzi

サイクラー

 

Paolo Simion

サイクラー

 

Stefano De Pirro

フィジカルトレーナー&理学療法士

${properties.title}

ルナ・ロッサ コレクション