メインコンテンツに移動する

現在、閲覧中の地域バージョン:

お住まいの地域に関連した情報にアクセスするには、以下の地域バージョンの使用をお勧めします:


国際的 閉じる ✕
検索
pan.navigation.search.input.status.text
クリア
Stay tuned for a new Limited Edition / Days / Hours / Minutes / Seconds
Wed Apr 10 00:00:00 UTC 2024
15:30:00
+09:00

ようこそ

ナビゲーション情報に基づき、場所と通貨を以下のように設定しました:

Japan -

ご希望の場合、設定を変更することができます。

ROAD TO AUCKLAND

オークランドへの旅

ルナロッサ・プラダ・ピレリの第36 回アメリカズカップへの旅は、最短でも簡単でもありません。カリアリとオークランド、そしてイベントの開始までの残り日数を隔てるのは、10,800マイル(20,000 km)をはるかに超える海です。第36 回アメリカズカップにチームを導くために、プラダが選択した道のりは、つまりミッションに参加しているグループの人々が歩む道のりです。

イタリアで最も優れた2つの産業大手、プラダグループとピレリグループのエネルギーがなければ、すべてが実現不可能でした。 1997年からアメリカズカップで優勝することを夢見ていたルナロッサチャレンジのパトリツィオ・ベルテッリ会長の決意がなければ、すべてが実現不可能でした。

2020年12月17-19日、ニュージーランド・オークランド

アメリカズカップ・ワールドシリーズ

2020年12月17-19日、ニュージーランド・オークランド

3日間にわたる激戦を経て、PRADAアメリカズカップ・ワールドシリーズは幕を閉じました。

最終日、ルナ・ロッサ プラダ ピレリチームは2つのレガッタでレースを行い、1つはイネオスUKを相手に2周のリードで勝利し、エミレーツ・チーム・ニュージーランドを相手に、エキサイティングなターンとツイストで、チーム・ニュージーランドがこのシリーズの中で最も接近したレースで勝利を収めました。

ルナ・ロッサ プラダ ピレリチームは、総合ランキング3位を獲得して第一回大会を締めくくりました。

2020年12月20日、ニュージーランド・オークランド

クリスマスカップ

2020年12月20日、ニュージーランド・オークランド

レガッタ最終日、悪条件の風のため、レースはすべて失敗に終わった。

イネオス・チームUKとエミレーツ・チーム・ニュージーランドの第一回目のレガッタは、2チームとも制限時間内にゴールに到達できなかったため、レースはキャンセルされた。

長い週末や最終日の欠点にもかかわらず、ルナ・ロッサ プラダ ピレリにより幕を閉じ、最終的にすべてのチームが水上で会うための機会を与えた。

2021年1月17日、ニュージーランド・オークランド

プラダカップ チャレンジャー セレクションシリーズ

2021年1月17日、ニュージーランド・オークランド

突然の風で中止となった第1レースから、アメリカンマジックの大事故まで、プラダカップの最初の週末は、予想外の出来事に満ちた1日で幕を閉じました。第1レースの週末は、両方のラウンドロビンが予定通りに終了となりました。イネオス・チームUKは無敗でランキングトップ、2勝2敗のルナ・ロッサ プラダ ピレリチーム、未勝利のNYCCアメリカンマジックが続いています。予選レースは、来週の最終2戦のラウンドロビンで行われます。これらが終了した時点で、ランキング上位チームはプラダカップ決勝に進み、他の2チームは準決勝で争うことになります。

 

 

2021年1月23日、ニュージーランド・オークランド

2021年1月23日、ニュージーランド・オークランド

アメリカンマジックが岸に滞在していたため、スケジュールが変更され週末に開催されるのは2レースのみ。土日のルナロッサ プラダ ピレリとイネオス・チームUK。本日のレースに選ばれたのはCコースで、南西から平均17ノットで方向・強度ともに大きくシフトしていました。バランスのとれたレガッタで、最初の3レグでは両艇が交互にリードしていました。最後のダウンウインドでは、イギリスチームが前に出てルナ・ロッサに33秒差をつけてフィニッシュラインを通過しました。この勝利でイネオスはプラダカップ決勝に直接進出し、クリスマスには授与されなかったプラダ クリスマスカップのトロフィーを獲得しました。

2021年1月31日、ニュージーランド、オークランド

2021年1月31日、ニュージーランド、オークランド

オークランドでのプラダカップ準決勝開始に伴い、ルナ・ロッサ プラダ ピレリは、イギリスのイネオス・チームUKとの決勝戦への出場権を得るため、NYYCアメリカンマジックとの対戦に臨みます。

最初の2レースはいずれもCコースで17~20ノットの南西の突風の中行われた。

ルナ・ロッサが両レースを快勝し、8レグのトライアルにつながるスタート前のフェイズを最適化し、各ゲートでは着実にゲインを積み上げていく。

そして4連勝後、ルナ・ロッサはプラダカップの決勝に躍り出た。

翌日、NYYCアメリカンマジック相手にさらに2つの勝利を収めたルナ・ロッサ プラダ ピレリは、現在ラウンドロビンで無敗の勝者であるイネオス・チームUKと対戦するプラダカップの決勝戦への切符を獲得しました。

2021年2月14日、ニュージーランド・オークランド

2021年2月14日、ニュージーランド・オークランド

ルナ・ロッサ プラダ ピレリとイネオス・チームUKの間で行われたプラダカップ決勝の初日のレースは、2つの勝利でスタートしました。この日の前半は風が弱かったこともあり、委員会はレースにフィールドAを選択しました。プラダカップ最終戦のレース2日目。本日の2レースは、ワイヘケ島とランギトト島の間に位置するEコースで、周囲の島の高さの関係で風向きが変わりやすいことで有名なコース。マッチレースで壮絶なレガッタでさらに2点勝ち取ったルナ・ロッサは、イギリス勢を相手に4-0で首位を守った。

${properties.title}

LUNAROSSAについて

${properties.title}

ルナロッサコレクション