${properties.title}

PCYC クロノグラフ。

パネライと海。終わりなき情熱の物語

海ほど人間に無限を想起させるものはありません。絶え間なく寄せる波と、常に同じでありながら常に違う姿は、時空を超えた想像の世界へと人類をいざない続けてきました。クロノグラフ ウォッチとレガッタ ウォッチのシリーズが、デザイン面および機能面においてクラシカルなセーリングヨットを想起させることからもわかるように、オフィチーネ パネライと海との絆には、ユニークで長い歴史があります。20世紀初頭より、パネライはイタリア海軍に特殊潜水部隊用の要件を満たす高度精密機器を納入してきました。歴史的にも海と深いつながりを持つオフィチーネ パネライは、クラシックヨットの主要な国際大会のひとつであるパネライ クラシック ヨットチャレンジ(PCYC)のスポンサーシップを通じ、長年海の文化の発展に貢献してきました。

${properties.title}
${properties.title}

これは単なるレースへのスポンサーシップには留まりません。本物の価値と伝統の結びつきは、オフィチーネ パネライのクラフツマンシップにも表れています。パネライ クラシックヨット チャレンジには、大きさ、種類ともに多様なヨットが参加し、競い合う姿は圧巻です。一年を通じ、アンティーブ、アルジェンタリオ、ポートマオンそしてカンヌといった地中海沿岸の主要都 市で、数多くのレースが開催されます。ヨットはワイト島へと移動し、大西洋を横断してアメリカのロードアイランド沿岸を進みます。そして、オフィチーネ パネライがもう一つの大きな夢を果たしたのがアンティグアでのことでした。それは、ヨット史上に名高い船舶設計士のウィリアム・ファイフ三世が伝説のファイフ造船所で建造したバミューダケッチ、アイリーン号(ゲール語で「小さな島」を意味する)を甦らせるというものでした。丸三年を費やした後、アイリーン号は建造当初の美しさを取り戻し、海への復帰を果たしました。その美しさは、アイリーン号を目にした全ての人を魅了し続けてきました。アイリーン号の進水は1936年、 まさにパネライがフィレンツェで最初の試作品を生み 出した年でした。