LUMINOR BLU MARE

Laboratorio di Idee

ルミノール 44mm PAM1085 ブルーマーレ:1993年に誕生したアイコン

ユニークなコンセプトやデザインで高く評価されている逸品は、商業目的とは関係のない出来事やストーリーから生まれることがあります。

たとえば、もともと軍事任務のために設計された4X4、戦闘機のパイロット用に開発されたアビエイターサングラス、または1950年代に8000m級の山々を登頂したクライマーのために作られたアーリーダウンジャケットを思い浮かべてみてください。

 

これらの驚異的なアイテムはどれも、消費者のニーズを満たすために作成されたものではありません。それぞれが、最も極端な条件下で最も優れたパフォーマンスを発揮することが課せられていました。そのアイテムの熱狂的なファンが生まれ、世に広く知られることになるとは予想もしていなかったのです。

それでも、特殊な用途向けに設計されている機器が、日常の使用においても比類のない特性を備えている場合があります。

 

 

ルミノール ブルーマーレ-44㎜(PAM1085)がまさにそうです。これは、パネライの卓越した時計製造の伝統を受け継ぐものです。パネライの時計は1936年から1993年にかけて軍事機密扱いでした。ルミノール44mmは1993年にオフィチーネ パネライによって作成され、当時のCEOであるディノ・ゼイ氏はすぐにそれを一般に公開し、注目に値する時計を着用する機会を提供しました。

 

オフィチーネ パネライは、新しいルミノール44mmを紹介する印象的なイベントを企画しました。 1993年9月10日、イタリア海軍攻撃部隊の前指揮官であったアイモーネ・ディ・サヴォイアの息子であるアメデーオ・ディ・サヴォイア=アオスタ公爵は、他の多くのVIPとともに、ラ・スペツィアに停泊するデュラン・デ・ラ・ペンネ駆逐艦(D560)に乗って特別な夜に出席しました。

最初の作品は1993年10月に発売され、ルミノール44mmが誕生しました。

 

 

 

ルミノール マリーナは、当初はイタリア海軍が専用に使用したもので、アンティークのアンジェラスSF240キャリバーモデルに見られるように、9時位置にセコンドダイアルがあり、反射防止の文字盤と傷防止加工ケースが特徴でした。オフィチーネ パネライがレバーロック式リュウズプロテクターを完成させるために行った研究は、最高レベルに達し、いくつかの革新的な特許を取得しました。

当時のルミノール44 mmに見られるすべての技術的な進化は、フィレンツェの会社のエンジニアでシニアディレクターであるブルーノ・ラティーニ氏と彼のチームの努力によって達成されました。


彼の存在はすぐに時計製造業界全体のターニングポイントになりました。

非常に珍しいプロポーション(ケースのサイズが大きく、文字盤にクリアで大胆なグラフィックが施されている)を備えたルミノール マリーナは、スポーツとダイビングウォッチの世界に新しいスタイルの到来を宣言しました。

それまでの常識が全て変わりました。このアイコンの影響は普遍的です。

 

ルミノール44 mmは、その比類のない個性を主張しています。時計はサイズと技術的な内容が進化してきました。

今日、海とのつながりは、ブランドの起源が語るだけではなく、イタリアの海の最も深い青に浸るような、ルミノール ブルーマーレの文字盤の印象的なブルーでも表現されています。

 

ルミノール ブルーマーレの歴史は、それ自体が機器の年代史であるかのようです。海のために生まれ、それは私たちを、誰もが認める英雄の世界、深く魅力的な海の中へと誘います。

 

 

 
${properties.title}

ライフスタイル

${properties.title}

エンターテイメント

${properties.title}

ストラップ コレクション